借金を踏み倒したいときの方法ってある?

最初にはっきりと言ってしまえば、借金の踏み倒しは可能ですし、実際に行っている人も居ます。と言うのも借金などの債権の支払いにも時効があるので、その時効まで逃げ回れば支払いを行う必要がなくなります。
 ただしこれはあくまで理論的な話で、ほとんどの場合踏み倒しという事が行われる事は有りません。
 そもそも、踏み倒される恐れがある場合や支払いが出来なく恐れが有る場合は、融資の際に相応の担保を取りますし消費者金融などの場合は連連帯保証人を求められます。
 なので大口の業者は本人がいなくても回収する手立ては存在するのです。
 となると踏み倒しを行う相手は小口の業者や借金という事になるのですが、時効がくる5年から10年の間逃げ回るくらいなら弁護士などに相談して債権者に話をつけて毎月少しでも返済を続けるか自己破産でもした方が楽ということになります。
 それに逃げ回るにしても支払いを一円でも行ったり、「○○日までに支払う」などと言う約束をしたら時効は延長されますので、本気で逃げるとしたら夜逃げをする覚悟で一切顔を合わさないなどの工夫が必要となります。
 結論として、わざわざ借金の踏み倒しをやるほどの努力を行うくらいなら、他の対策をねった方が効率がいいと言うことになり、友達同士での借金などでもない限り踏み倒しなどということをやる人は滅多に居ないと言う結論になるのです。
 なので実際に行われる借金の踏み倒しで一番多いのは、夜逃げなどであとの事は一切知らないとどこか遠くに逃げてしまうと言う事例になっています。