借金の過払い金の有無をシミュレーションできるツールまとめ

過払い金があれば返還請求ができるというCMを、目にしたり耳にしたりした事がある人は少なくないでしょう。
この過払い金は、法定金利の20%を上回る、出資法の29.2%の金利を払っていた人が当てはまります。
2010年6月にグレーゾーン金利が撤廃されるまで、出資法の定める29.2%の金利を請求しても罰則などはありませんでした。
ですから、消費者金融はこの29.2%を採用しており、9.2%にあたる金利が、グレーゾーン金利と呼ばれていました。
グレーゾーン金利が撤廃された現在、この9.2%が過払い金と認められ、返還請求が出来るようになっています。
過去に借金をしていて、グレーゾーン金利を支払っていたという人はまずは弁護士や司法書士などに相談をしてみる事がお勧めです。
そこで過去の借金を確認し、過払い金があれば、返還請求を依頼する事ができます。
この際、注意しておかなければいけないのが、時効です。
時効は10年と決まっており、グレーゾーン金利を払っていたといっても、借金をして返済をしていたのが、10年以上前だと請求する事はできません。
ですから、グレーゾーン金利を支払っていた心当たりがある場合、少しでも早く返還請求の手続きを考える事が大切です。
その為に、お勧めなのが弁護士事務所や司法書士事務所で行っている無料相談です。
相談をしてみる事で、過払い金の有無の可能性が分かり、請求が必要であれば、すぐに手続きを始める事が可能となります。