借金解決※自己破産の場合

自己破産には、所有する不動産などの財産を処分する必要がある、というデメリットがあります。
そのため、多重債務に陥り借金が返せなくなったとしても、自己破産を選びたくないと思う人はいるかもしれません。
所有する不動産を処分する必要がない債務整理の方法としては、任意整理や民事再生などの手続きがあります。
これらの手続きでも多重債務は解消することは可能ですが、自己破産とは決定的な違いがあります。
その違いとは、債務整理を借金は全てなくならないのです。
ですから、任意整理や民事再生で債務整理をすると、借金は返済し続けなければいけません。
借金が比較的少額なら債務整理をすれば返済することは可能ですが、多額の借金だとこれらの債務整理の方法は、現実的ではないでしょう。
自己破産は、任意整理や民事再生とは違い、債務整理をしても借金が残ることはありません。
どれだけ多額の債務があろうとも、全て帳消しにすることができるのです。
普通の感覚では、返済が全て終わっても所有する財産が全てなくなるなら。悩むと思うかもしれません。
しかし多額の借金で生活がすでに破綻している人からすれば、所有する不動産を処分することなど、自己破産のデメリットには思わないでしょう。
それほどまでに、全ての債務を帳消しにできる自己破産のメリットは、魅力的といえます。
債務を全て帳消しにして裸一貫で出直すためには、自己破産は最適な債務整理の方法といえるでしょう。