借金の時効とは※借金に期限はある?

やむを得ない理由で貸金業者から借金をしてしまうこともあります。しかし、その額が大きくなればなるほど返済がどんどん負担になってきます。しかし、借金にも時効という期限があります。そのため時効援用を考えている方も多くいらっしゃいます。しかし、刑事事件のように期限が来たら自動的に時効になるわけではありません。借金が時効になるには3つの条件を満たしている必要があります。1つ目は一定期間の間、返済ができていないこと、2つ目は時効が振出しに戻っていないこと、3つ目は援用手続きをすることです。1つ目の一定期間は貸金業者から借金して折る場合は5年です。返済日の翌日から時効の日数が数えられます。2つ目の振出しとは債権者が裁判所に請求の訴訟を起こしたり、差し押さえ・仮差押え・仮処分を出したとき、債務者が借金をしている事実を承認した時に時効期間は失効となり、振出しに戻ってしまうのです。このような場合はさらに10年、期間が延長になります。3つ目ですが、5年経った後に援用の意思を債権者に伝えなければなりません。口頭や書面でも問題はありませんが、内容証明郵便で手続きされるのが一般的です。万が一、成立しないなかったら、援用も認められません。また、成立していない状態で援用絵続きをしたら、債権者から利息や遅延損害金が加算された支払い督促が始まったり、最悪の場合、強制執行される可能性があります。もし、援用手続きを考えている場合は個人で対応するにはリスクがあるので、弁護士など法律も専門家に相談するほうがいいです。援用はあくまで最終手段なのでできる限り期限を守って返済するようにしましょう。