借金解決※任意整理の場合

複数の貸金業者から借金をしているみなさん、最近弁護士の過払い請求や任意整理についての広告がよく目にとまりませんか。実際に、あなたが借金の返済を借金して行うという、いわゆる自転車操業の状態になっているのであれば、一刻も早く弁護士に相談して、任意整理など必要な手続を行うようにしてください。早期であれば、破産をせずに済むかも知れませんよ。

さて、先に述べた任意整理という言葉ですが、一体どのようなものでしょう。簡単にいえば、あなたやあなたが依頼した弁護士などが貸金業者と話し合いをして、借金について利息をカットしてもらったり、より月々の支払い額をより少なくしてもらったりする手続です。これにより、今まで利息ばかりを支払っていたものが、少しずつでも元本をきっちり返済していくようになり、先の見える返済プランが立てられるようになります。また、弁護士に依頼した場合には、返済に遅滞があっても直接貸金業者から請求されることがないので、精神面でも余裕が生まれ、落ち着いて生活を再建することができます。

ただし、デメリットが全くないわけではありません。任意整理をすると、そのことが5年から7年ほど信用情報に登録されてしまうので、カードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったりします。そうなると不安だという人もいるでしょう。しかし、自転車操業状態になっている人は、いずれはどこの業者からも借り入れできなくなります。そうであれば早い時期に一度カードなどと縁を切って、生活を立て直しましょう。