借金解決※個人再生の場合

金融業者などから多額のお金を借りたために借金問題を抱えてしまったときには、法律的な手段を用いることで解決することも可能です。
借金問題を解決させるためには、法律的な手段として債務整理の方法がありますが、債務整理の種類の中には個人再生というものがあります。
個人再生とは住宅などの特定の財産については維持したままで、大きく借金を減額してもらって、減額した借金について3年程度で分割して返済を行っていくという手続きとなります。
減額された債務について完済することができれば、住宅ローンを除いた債務については法律上の返済義務が免除されることになります。
個人再生の方法を用いた場合には自己破産を行ったときのように債務について全ての返済責任を免れることはできませんが、大きな財産を処分されるリスクを避けるメリットがあります。
自己破産をしてしまうと財産を処分しなければならなかったり、一定の資格制限を受けるために職業に就けないこともありますが、個人再生の場合には職業による制限はありません。
個人再生では自己破産のときには認められないようなギャンブルや浪費によって債務が増えた場合であっても、手続きが認められることがあります。
住宅や自動車など、20万円以上の価値が認められる財産について処分せずに手続きを行うことが可能となっています。
申し立てを行うことによって、その時点で消費者金融業者などの貸金業者からの督促を止める効果があります。